学術変革領域研究(A)令和4〜8年度 自己指向性免疫学 生体防御における自己認識の「功」と「罪」
学術変革領域研究(A)令和4〜8年度 自己指向性免疫学 生体防御における自己認識の「功」と「罪」

Teams(研究組織)

■ 研究項目 A01: ⾃⼰認識機構の解明と機能的理解
免疫センサーが認識する自己成分の戦略的同定と定量法の確立
研究代表者:⼭崎 晶 ⼤阪⼤学微⽣物病研究所 教授
研究分担者:井貫 晋輔 京都⼤学⼤学院薬学研究科 准教授
研究分担者:⻑江 雅倫 ⼤阪⼤学微⽣物病研究所 助教
Identification of self-derived molecules recognized by immune sensors
PI:Sho Yamasaki, Professor, Osaka University
Co-I:Shinsuke Inuki, Associate Professor, Kyoto University
Co-I:Masamichi Nagae, Assistant Professor, Osaka University
リソソームにおける自己指向性核酸認識の分子構造基盤解明
研究代表者:三宅 健介 東京大学医科学研究所 教授
研究分担者:清水敏之 東京大学大学院薬学系研究科 教授
研究分担者:淺原弘嗣 東京医科歯科大学医歯学総合研究科 教授
Molecular and structural bases underlying innate immune sensing of self-derived nucleic acids in lysosomes
PI:Kensuke Miyake, Professor, The University of Tokyo
Co-I:Toshiyuki Shimizu, Professor, The University of Tokyo
Co-I:Hiroshi Asahara, Professor, Tokyo Medical and Dental University
自己分子の包括的同定と自己認識を介した免疫ネットワーク形成の理解
研究代表者:和泉 自泰 九州大学生体防御医学研究所 准教授
研究分担者:宇田 新介 九州大学生体防御医学研究所 准教授
Comprehensive identification of self-ligands and understanding of immune network formation through self-recognition
PI:Yoshihiro Izumi, Associate Professor, Kyushu University
Co-I:Shinsuke Uda, Associate Professor, Kyushu University
自己リン脂質の感知機構と内因性免疫
研究代表者:瀬川 勝盛 東京医科歯科大学難治疾患研究所 教授
Sensing mechanisms for self-phospholipids and cell-intrinsic immunity
PI:Katsumori Segawa, Professor, Tokyo Medical and Dental University
■ 研究項目 A02:自己認識を起点とした恒常性維持・疾患発症機序の解明
細胞内タンパク質変動による自己応答制御機構の解明
研究代表者:改正 恒康 和歌山県立医科大学先端医学研究所 教授
研究分担者:佐々木 泉 和歌山県立医科大学先端医学研究所 講師
Clarification of self-recognition mechanisms by intracellular protein fluctuation
PI:Tsuneyasu Kaisho, Professor, Wakayama Medical University
Co-I:Izumi Sasaki, Lecturer, Wakayama Medical University
遺伝性炎症性疾患から紐解く自己タンパク過剰蓄積を感知する分子機構の解明
研究代表者:安友 康二 徳島大学大学院医歯薬学研究部 教授
Elucidation of molecular mechanisms that sense the accumulation of self-proteins by the analysis of hereditary inflammatory disorders
PI:Koji Yasutomo, Professor, Tokushima University
T細胞の自己認識を起点とした恒常性維持・疾患発症機構の解明
研究代表者:木村 元子 千葉大学大学院医学研究院 教授
研究分担者:那須 亮 千葉大学大学院医学研究院 講師
Mechanisms of immune homeostasis and responses based on T cell mediated self-recognition
PI:Motoko Kimura, Professor, Chiba University
Co-I:Ryo Nasu, Lecturer, Chiba University
自己成分変動に伴う自然免疫細胞産生経路の変化とその生理的意義
研究代表者:浅野 謙一 東京薬科大学生命科学部 准教授
研究分担者:池田 直輝 東京薬科大学生命科学部 研究員
Differentiation of non-canonical regulatory monocytes triggered by perturbation in inner self.
PI:Kenichi Asano, Associate Professor, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
Co-I:Naoki Ikeda, Researcher, Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
制御性T細胞の自己応答性制御機構とその破綻による自己免疫疾患発症機構の解明
研究代表者:堀 昌平 東京大学大学院薬学系研究科 教授
Elucidating the mechanisms of regulatory T cell responses to self-ligands and their breakdown in autoimmune diseases
PI:Shohei Hori, Professor, The University of Tokyo